ホーム

軽便鉄道 

 

軽便鉄道線

 

尾小屋鉄道

尾小屋鉄道は、尾小屋鉱山の鉱山鉄道として1920年全通。新小松−尾小屋間16.8Km

廃止は1977年(昭和52年)。

 1971.10.07
新小松駅
 
                                                                  金平駅での交換
   ここで付随車を切り離し、交換の上り列車に繋ぐようだ。
   上り列車の到着
   スタフ閉塞の棒を渡す。ここから尾小屋往復まで1列車しか入れない。
   一旦出発し付随車を繋ぎ直す。
  終点  尾小屋駅
   
   
   小屋に入り保存の機関車を引き出す
   小屋に保存してあった機関車を引っ張り出してくれた。
   転車台跡、すでに構造的に使用不可能
   
   
   
   

 

  

TOPに戻る                                                                                                                                                                                                          

inserted by FC2 system